スマホゲーム「鬼滅の刃 血風剣戟ロワイアル」配信決定!

鬼殺隊の武器『日輪刀』を徹底解説

鬼殺隊の武器である『日輪刀』は鬼を倒せる唯一の武器で、鬼滅の刃でとても重要なカギになります。隊士が持っているそれぞれの日輪刀や情報をまとめてみました。

日輪刀の特徴

  • 日輪刀』(ひのわとう)とは鬼殺隊に支給されるている武器のことです。普通なら、不死身の鬼に対して効果があり、人食いの鬼を倒すことができる唯一の武器です。頸を斬ると鬼を殺すことができます。日輪刀は隊士になると支給されます。これがないと人食い鬼を倒せないとなると隊士にとって必需品になりますよね。
  • 別名「色変わりの刀」とも呼ばれています。これは、持つ持ち主によって刃の色が変わるからです。また、通常の日輪刀は、日本刀と同じ形ですが、柱クラスになるとそれぞれの特徴的な形をしています。「柱」の持つ日輪刀の根元には刻印がありこの刻印は、「惡鬼滅殺」と書かれています。

日輪刀のつくり方

  • 日輪刀の材料は太陽に一番近いといわれている陽鉱山で採取される、猩々緋砂鉄(しょうじょうひさてつ)と猩々緋鉱石(しょうじょうひこうせき)鉱物です。鬼は陽の光が弱点ですので、太陽を浴び続けた陽鉱山の鉱物が鬼に効くようです。
  • この2つ鉱物を使い専門の刀鍛冶によって日輪刀が作られます。強度は通常の刀と変わらないため岩よりも硬い鬼の身体を斬断できるのは、剣士の技量が大事なようです。場合によっては戦闘中に折れてしまうこともあり、壊れる度に刀が作り直されます。
  • 刀鍛冶たちは皆ひょっとこのお面しています。隊に専属の刀匠がおり、刀の支給が戦闘中でもされています。

日輪刀の色と属性

先ほど、日輪刀は別名『色変わりの刀』と呼ばれているといいましたがその理由は、持ち主によって刃の色が変わり、さらにその変化した色毎に特性が異なるという秘密があるのです。その特性が持ち主の適正でもあります。

また、善逸の黄色い刀には雷の模様が入っているように、その呼吸法を極める可能性があるほど適性が高ければ模様も入るようです。

以下が色とその特性です。

「黒」  謎

「緑」  風の呼吸

「水」  水の呼吸

「黄」  雷の呼吸

「赤」  炎の呼吸

「薄紅」 恋の呼吸

「白」  霞の呼吸

炭次郎の黒はあまり例がなくどの属性かはわかっていません。ただ、黒色は出世しにくいといわれているそうで、いままで柱になった者はいません。

赫灼の刃の存在

黒い刀身を赤く染めていたのは、刀を「赫刀(かくとう)」という状態にすることで、日輪刀で首を斬られれば死ぬ鬼ですが、首以外の場所を斬ったり突き刺しても再生してしまいます。しかし、赫刀で刺せば焼かれるような苦痛を感じ、斬られればその場所の再生が遅らすことができるのです。

主人公の炭治郎も自身の日輪刀に禰豆子の血鬼術を組み合わせることにより、爆血刀として発現させました。

赫刀の発現条件には全集中の呼吸を極め痣が発現し体温が上がった状態で、日輪刀に物理的な過負荷を掛ける事で刀の温度が上昇しそれにより発現するということまで確認ができています。