スマホゲーム「鬼滅の刃 血風剣戟ロワイアル」配信決定!

炭治郎と禰豆子の運命を変えた冨岡義勇は嫌われ者!?

炭治郎と禰豆子の運命を大きく変えた冨岡義勇。彼があの場にいなければ物語は始まりませんでした。彼の性格や、炭治郎を導いた理由、他の柱との関係などをまとめました。

冨岡義勇のプロフィール

階級:水柱
誕生日:2月8日
年齢:21歳
身長:176cm
体重:69㎏
出身地:東京府 豊多摩郡 野方村(中野区、野方)
趣味: 詰め将棋
好きな食べ物:鮭大根
CV:櫻井孝宏

水の呼吸を扱う剣士。水柱。
炭治郎と鬼になった禰豆子に最初に出会った人間であり鬼殺隊の剣士。普段は寡黙だが、絶望する炭治郎を叱責し鬼殺隊へ導いた。鱗滝を師とし炭治郎の兄弟子でもある。

水の呼吸と冨岡義勇の性格

冨岡の使う「水の呼吸」は水のような変幻自在さでどんな敵にも対応できるといわれています。若くして柱となった彼の実力と冷静な判断から繰り出される剣技は洗練されており、拾壱の型「凪」という冨岡独自の型も編み出しています。

冨岡との出会いが運命を変えた

鬼化した禰豆子に襲われ、どうすることもできずにいた炭治郎。そこへ冨岡義勇は現れました。鬼狩りの任務でやってきた冨岡は当然、鬼となった禰豆子を斬ろうとします。家族を殺され、唯一生き残った妹は鬼となり、目の前の剣士は妹に容赦なく刀を向ける、その状況に絶望した炭治郎は土下座で助けを乞う事しかできません。そんな炭治郎に冨岡が浴びせたのが「生殺与奪の権を他人に握らせるな!!」に始まる叱責の言葉でした。この厳しい言葉の数々の後には、何もできずにいる炭治郎の絶望に共感しつつ、覚悟を持って怒りを原動力に変えろという彼の独白が続きます。冨岡の言葉と挑発によって、妹を助けるため捨て身で向かってきた炭治郎と、鬼となっても人間である兄を守ろうとした禰豆子。この兄妹に可能性と希望を感じ取った冨岡は、彼らに鱗滝を紹介し鬼殺隊へ導く事となるのです。

姉や戦友を亡くした過去が

普段は寡黙な冨岡が怒りをあらわにして叱責したのは、うずくまる炭治郎と過去の自分を重ねたからだと思われます。彼は幼い頃に姉の蔦子を鬼に殺されており、鬼殺隊の最終選別でも修行を共にしてきた戦友を喪っています。冨岡はどちらの不幸も守られていただけの自分に責任があると思い詰め、引け目を感じていたのです。

柱に嫌われているのは本当か

蟲柱である胡蝶しのぶから「そんなだからみんなに嫌われるんですよ」と思考が読めないことを指摘された冨岡が発した「俺は嫌われてない」は有名なセリフですが、彼は本当に柱のメンバーから嫌われているのでしょうか。表情をあまり顔に出さず、言葉数も少ない冨岡は誤解されやすい上に、最終選別での引け目から他の柱とは一線を引く態度を取っています。これらのことから嫌われずとも誤解はされていそうですね。彼が柱の面々と打ち解けられる日は来るのでしょうか。

いかがでしたか?
柱の中ではちょっぴり浮いた存在の冨岡義勇。しかし、炭治郎と禰豆子に出会った時の熱い言葉と想いで、ファンは彼がどんな人間なのかは十分わかっていますよね。これからの活躍と成長が楽しみです。