スマホゲーム「鬼滅の刃 血風剣戟ロワイアル」配信決定!

炭次郎が所属する鬼殺隊の秘密を探ってみた!!!

漫画『鬼滅の刃』に登場する組織【鬼殺隊】ってどんな組織か今回は【鬼殺隊】について徹底解説いたします。

・鬼殺隊の歴史

大正時代から遡ること数百年前から政府非公認で人食い鬼から人々を守ってきた剣士や剣士を支える者たちの組織です。現在の構成人員は数百名を超えている非公認ながらも大きな組織です。

鬼殺隊の階級

鬼殺隊に試験があります。“育手”(後述)に見込まれ数年の過酷な修行をし最終選別を生き残る事で、正式に隊士となれます。鬼殺隊はまずは一般隊士から階級がスタートです。鬼殺隊一般隊士には階級は10段階評価で構成されています。甲乙丙丁戊己庚辛壬癸になっていて甲が一番高くなっていて甲であることは柱になる条件にもなっています。階級に使われている甲乙丙丁戊己庚辛壬癸は十干とよばれ暦に用いられているものですが日本や中国などの漢字圏では、ものの階級・等級や種類を示すために使われることもあるようです。

・選ばれし剣士「柱」の存在

鬼殺隊の中には「柱」と呼ばれている階級があり、鬼殺隊の中で最も位の高い9名の剣士たちが選ばれています。柱は鬼殺隊を支えており、柱には様々な呼吸の使い手たちが存在しており全集中の呼吸の流派に従い~柱”という肩書を持。戦いだけではなく産屋敷と柱達が鬼殺隊本部に集まって柱合会議を行ったりしています。柱の条件は空席となった場合、階級が甲で『十二鬼月を倒す』、もしくは『鬼を五十体倒す』し実力があるものから選定される。現在の柱は水柱・冨岡義勇(とみおか ぎゆう)、蟲柱・胡蝶しのぶ(こちょう しのぶ)、炎柱・煉獄杏寿郎(れんごく きょうじゅろう)、音柱・宇髄天元(うずい てんげん)、恋柱・甘露寺蜜璃(かんろじ みつり)、岩柱・悲鳴嶼行冥(ひめじま ぎょうめい) 、霞柱・時透無一郎(ときとう むいちろう) 、蛇柱・伊黒小芭内(いぐろ おばない)、風柱・不死川実弥(しなずがわ さねみ)です。

・鬼殺隊の支給装備!!!

入隊すると隊からを倒すことができる唯一の武器である日輪刀、背に“滅”の字が描かれた隊服、人語を話せる鎹烏(かすがいがらす)支給されます。

・剣士以外の役割

  • 「育て」という鬼殺の剣士の育成者で才能ある若者を指導する役割で炭次郎の育ては水柱だった鱗滝左近次でした。
  • 「隠」背に隠の字の描かれた黒子装束を纏っており、鬼と剣士の戦いの後処理や隠蔽、負傷した剣士の救護を行います。
  • 「刀匠」日輪刀を打つ鍛冶師たちでひょっとこの面をかぶってます。