スマホゲーム「鬼滅の刃 血風剣戟ロワイアル」配信決定!

胡蝶しのぶは鬼が斬れない?戦闘スタイルや秘める想いとは

鬼滅の刃の人気キャラである胡蝶しのぶ。
剣士なのに鬼の頸が斬れない!?彼女の魅力と強さをまとめました。

胡蝶しのぶの基本情報

階級:蟲柱
誕生日:2月24日
年齢:18歳
身長:151cm
体重:37㎏
出身地:東京府 北豊島郡 滝野川村(現:北区、滝野川)
趣味: 怪談話
好きな食べ物:生姜の佃煮
CV:早見沙織

蟲の呼吸を扱う剣士。蟲柱。
犬や猫などの体中に毛の生えた生き物が苦手らしい。
鬼の頸を斬るほどの腕力は無いが、薬学医学に精通し藤の花の毒で鬼を倒す。
笑顔で「人も鬼もみんな仲良くすればいいのに」と語るその真意は。

唯一鬼の頸が切れない柱…その能力は?

 小柄で腕力も弱いしのぶは「柱で唯一鬼の頸が斬れない剣士」と語る。しかし素早い身のこなしと突き技の実力は相当なもので、鬼の身体に毒の刃を突き刺す事によって絶命させます。そのような戦闘スタイルから彼女の呼吸や日輪刀は特殊なもの。しのぶの会得した「全集中 蟲の呼吸」は突き技で相手に毒を打ち込む事に特化したオリジナルの呼吸であり、切っ先以外に刃がないレイピアのような形状を採る日輪刀も、鞘に仕込まれた機構により戦いの最中でも状況や相手に合わせて毒の種類や調合を変える事ができる代物です。

 胡蝶しのぶが使う毒は藤の花から彼女が抽出・調合したもので、陽光・日輪刀と並び、鬼を倒す事のできる数少ない弱点の発見となるこの功績についてはしのぶ自ら「鬼を殺せる毒を作ったちょっとすごい人」と語っている。彼女が薬学に詳しくなった理由は両親が薬の調合を生業としていた事が大きいようです。

那田蜘蛛山での活躍と鬼殺隊での役割

 那田蜘蛛山での戦いでは下弦の伍・累の姉を蟲の呼吸「蝶ノ舞・戯れ」で倒しているだけでなく、兄蜘蛛によって蜘蛛化されかけた善逸や隊士の治療にも当たっていました。また蝶屋敷では負傷した炭治郎らの機能回復訓練に加えて全集中・常中の訓練にも協力しています。このように、しのぶは鬼殺隊の中では鬼狩りとしてだけでなく、薬学・医学知識による毒や薬の開発、後進の育成とその役割は幅広く、見た目の美しさもあって多くの隊士から慕われているようです。

姉を殺された過去と炭治郎への想い

 いつも笑顔で、鬼と人が仲良くする事を願うしのぶですが、炭治郎に「いつも怒っている匂いがしている」と見破られ、過去に鬼によって姉を惨殺された事を告白します。しのぶの笑顔が好きだと言った姉は、炭治郎のように優しく死の間際まで鬼に同情し哀れんでいました。同じようには思えなかったしのぶでしたが、それが姉の想いであるならば自分が継がなければと、心の奥に溜まっていく鬼への怒りを抑え、笑顔を絶やさず、哀れな鬼を斬らずに済む方法を考え続けていたのでした。

 しかし本能のままに人を喰い、自分の保身のために嘘をつく鬼に疲れてしまったとこぼすしのぶ。炭治郎に「禰豆子さんを守り抜いて欲しい、自分の代わりに君が頑張ってくれていると思うと安心する。心が楽になる。」と告げて去っていったのでした。

いかがでしたか?
強く優しく美しく、皆に慕われる胡蝶しのぶには亡き姉への想いと秘めたる決意がありました。そんな強い想いを持つ彼女が今後どう活躍していくのか楽しみですね。