スマホゲーム「鬼滅の刃 血風剣戟ロワイアル」配信決定!

今さら聞けない全集中の呼吸!その種類や歴史、会得方法は?

鬼滅の刃がここまで人気になった理由のひとつが剣士の使う「呼吸」でしょう。
多彩な呼吸の「流派」に必殺の「型」は戦闘シーンを彩っています。
今回はこの呼吸の歴史や流派の特徴、その習得法を見ていきましょう。

鬼殺隊の剣士が使う呼吸法とは

鬼殺隊の剣士はその多くが人より強い鬼に対抗する手段として「呼吸法」を会得しています。「全集中の呼吸」は鍛えた心肺機能によって血中に大量の酸素を取り込み、身体能力を爆発的に高める事ができるのです。剣士達はこの状態でそれぞれの流派による型の剣技を繰り出します。

呼吸の種類とその派生

呼吸には炎・水・風・岩・雷の5つの基本流派と、そこから派生した多様な型が存在します。基本の中でも炎と水の呼吸は歴史が古く、どの時代の柱にも炎と水の剣士が存在していたことが語られています。ここで五大流派それぞれの特徴を見てみましょう。

  • 炎の呼吸…業火の如き一撃を力強い踏み込みで一気に繰り出す攻撃型の呼吸。水の呼吸と並んで歴史が古い。「炎の呼吸」は「火の呼吸」と呼んではならないらしい。
  • 水の呼吸…水のような変幻自在さでどんな敵にも対応する事ができる事が特徴。技も基礎に沿ったものでありここから派生した呼吸は多い。
  • 風の呼吸…暴風のように激しく荒々しい動きで相手を切り裂く呼吸。その斬撃は実際に風の刃を纏っており、攻撃性は高い。
  • 岩の呼吸…岩のように固い防御が特徴の呼吸。鍛え上げ、完成された肉体とその筋力に裏打ちされた力押しに近い呼吸。そのシンプルさ故に弱点も少ない。
  • 雷の呼吸…足に呼吸の力を集中させ、稲妻の如き速さで攻撃する居合い切りの呼吸。全ての型が壱ノ型・霹靂一閃を基礎とする。

使用する呼吸を変えたり新しい呼吸を派生させることは珍しくなく、例えば恋柱・甘露寺蜜璃が使う恋の呼吸や、伊之助が使う獣の呼吸はそれぞれ炎と風からの派生ですが彼らオリジナルの呼吸です。

公式の呼吸適性判別によると五大流派はそれぞれ以下のような者に適性があるらしい。

  • 炎…情熱を胸に燃やして目標に邁進し、細かいことを顧みない者
  • 水…無風の水面のような穏やかさと、流れに棹さす柔軟な思考を持つ者
  • 風…暴風の如き激しい稀少を持ち、己が目的のために他者を巻き込みつつ進む者
  • 岩…何ごとにも動じず、強固な信念で万象に対応する姿勢を持つ者
  • 雷…激情、特に色恋に関してそれが顕著な者

全集中の呼吸・常中

全集中の呼吸・常中」とは力を最大限に引き出す全集中の呼吸を24時間、睡眠中に至るまで維持し、基礎体力を飛躍的に向上させる技です。会得し使い続けることにより身体能力が向上していくほか、呼吸の精度を上げて身体の隅々まで神経を集中することにより、負傷箇所を止血したり、毒の回りを遅らせたりする事ができます。煉獄杏寿郎によれば呼吸を極めることで様々な事ができるようになる、全集中の常中は柱への第一歩との事。

呼吸法を会得するためのトレーニングは?

炭治郎は水の呼吸を身につける為、鱗滝のもと空気の薄い山で2年に及ぶ厳しい修行を続けたほか、蝶屋敷で全集中・常中を習得した際は巨大な瓢箪に息を吹き込んで破裂させるというトレーニングを行っていました。このように鬼殺の剣士にとって必須とも言える呼吸ですが、その会得は簡単なものではないようです。