スマホゲーム「鬼滅の刃 血風剣戟ロワイアル」配信決定!

心を燃やせ!炭治郎たちを強くした炎柱・煉獄杏寿郎はどんな人?

劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編で活躍し人気キャラとなった煉獄杏寿郎。
炎のように熱い想いと強さを持った剣士ですが、そこに至るまでには困難と努力がありました。
今回は彼がどんな人物なのか、生い立ちや家族について、炭治郎らに与えた影響などをまとめました。

煉獄杏寿郎のプロフィール

階級:炎柱
誕生日:5月10日
年齢:20歳
身長:177cm
体重:72㎏
出身地:東京府 荏原郡 駒沢村(世田谷、桜新町)
趣味:能や歌舞伎、相撲観戦
好きな食べ物:さつまいもの味噌汁
CV:日野聡

代々炎柱を襲名する家系に長男として生まれた。炎柱。
そんな立場もあってか正義感と責任感が強く面倒見の良い性格である。

杏寿郎はどんな性格?炎の呼吸と日輪刀は?

 煉獄杏寿郎は代々「炎の呼吸」を使い、炎柱を襲名する剣士を排出する煉獄家に長男として産まれました。幼い頃から元柱の父・槇寿郎の指導を受けていましたが、とある理由(後述)である時期からは独学で3冊の指南書を読みながら炎柱まで上り詰めた努力の人です。
正義感と責任感が強く、明朗快活で思ったことはすぐ口に出してしまうため、柱合会議で初めて対面した炭治郎と禰豆子には「鬼を庇うなど明らかな隊律違反」「鬼もろとも斬首する」と即答している。しかしこれは前述の正義感と素直さ故の発言であり、ふたりの境遇や特製を理解、納得してからは炭治郎を継子に誘ったり、鍛錬の約束をしたりと面倒見の良い一面を見せている。杏寿郎の使う炎の呼吸は全ての呼吸の中でも基本となる流派のひとつであり「炎の呼吸」を「火の呼吸」と呼んではならないと言われるらしい。使用する日輪刀は燃えたぎる炎のような赤い刀身をもつ。杏寿郎の戦闘能力は柱の中でも高い方であるらしく、対峙した上弦の参・猗窩座も「闘気が練り上げられ至高の領域に近い」とその実力を認めている。

剣士の道を諦めた父と亡き母の言葉

 元・炎柱だった杏寿郎の父・槇寿郎は情熱的で剣術の指導にも熱心な剣士でしたが、始まりの呼吸である「日の呼吸」こそが最強で、そこから派生した呼吸はすべて猿真似の”劣化した呼吸”だと解釈し、思い悩みます。そんな折に妻の瑠火を病気で亡くした槇寿郎は心折れ、剣を捨ててしまいました。父から剣術の指導を放棄された槇寿郎が独学で炎の呼吸を極め、炎柱になった時でさえ無関心で冷たくあしらったほど。そんな扱いを受けていた杏寿郎だったが、父に相手にされなくなり母の記憶も無い弟の千寿郎を気にかけ「俺は決して挫けない」「お前は俺とは違う お前には兄がいる 兄は弟を信じている」と励ましています。そんな杏寿郎の正義感と責任感の強さの理由は何でしょうか。その裏には母に告げられた言葉がありました。「弱き人を助けることは強く生まれた者の責務です」「責任を持って果たさなければならない使命なのです」病床の母の言葉は杏寿郎を剣士として、兄として、強くしたのかも知れません。

無限列車での戦いで残した言葉と鍔

 炭治郎らと共に無限列車での乗客消失事件の調査へ出向いた際は人間を夢に閉じ込める魘夢に後れを取りつつも、指揮官としての高い能力を発揮し、炭治郎らと共に200人以上の乗客全員を守りつつ勝利しています。しかし、その後に突如現れた上弦の参・猗窩座との戦いでは善戦するも命を落とします。その際、猗窩座から鬼となって強さを極めろと提案されても儚い人間の美しさを説き、母の言葉に応えるように「俺は俺の責務を全うする」と炭治郎らと乗員乗客を守り切ったのです。杏寿郎が最期に「胸を張って生きろ」「心を燃やせ」という言葉と共に炭治郎、善逸、伊之助に伝えた信念は、その後の彼らの成長と強さに大きく影響を与えることとなります。またこの戦闘後に回収された杏寿郎の日輪刀に付けられていた鍔は後に炭治郎へ受け継がれました。

煉獄杏寿郎の強さと信念は確かに炭治郎らに伝えられました。今後の戦いで彼らがどのように心を燃やし強敵と戦っていくのか、期待が高まりますね。