スマホゲーム「鬼滅の刃 血風剣戟ロワイアル」配信決定!

宇髄天元は元忍なのにド派手好き!装備や戦闘スタイルは?

派手好き独善的な性格に見える風柱・宇髄天元。
実は仲間や部下に対して優しい一面を持っています。
これらの理由はどうやら彼の過去にあるようです。

宇髄天元の基本情報

階級:音柱
誕生日:10月31日
年齢:23歳
身長:198cm
体重:95㎏
出身地:出生地不明
趣味: 嫁と温泉巡り、秘湯探し
好きな食べ物:ふぐ刺し
CV:小西克幸

音の呼吸を使う元忍の剣士。音柱。
派手好きで「祭りの神」を自称し、善逸にドン引きされる。
素顔は美形で妻が3人おり、善逸に激怒される。

元忍なのにド派手好き!装備と戦闘スタイルは?

忍とは文字通り人目を避けて任務を遂行するイメージですが、元忍という経歴を持つ天元はそれとは真逆の派手好き。そのファッションは宝石飾りのついた額当に特徴的な目元の化粧、ピアスに腕輪、そして爪にも色を入れる派手っぷり。そして言動は派手と言うよりもはやエキセントリック。任務に必要という理由でアオイとなほを連れ去ろうとしたり、「派手を司る祭りの神」を自称したりして善逸にドン引きされています。しかしそんな姿とは裏腹に、化粧を落とした素顔は端正で自他共に認める色男であることがわかっています。

天元は日輪刀やその戦闘スタイルもド派手です。二刀流の巨大な刀から繰り出される攻撃は特殊な加薬玉による爆発を伴い、全集中の呼吸による剣技も斬撃と爆発による高威力・広範囲のものが多くみられます。また天元が使う戦闘計算式「譜面」は敵の攻撃リズムを音に変換し隙を突く、実に音柱らしい能力です。一方で俊敏さや隠密、毒物に対する耐性など、元忍ならではの能力も併せ持っています。
ちなみに、天元の派手好きは忍として地味に生きてきた不満が爆発した結果なのだそう。

宇髄天元の過去と親方様

元忍らしい戦い方も彼の持ち味ですが、忍びの家系に産まれ厳しく育てられた天元の生い立ちは辛いものでした。忍が活躍したのは主に江戸時代まで。それは宇髄天元の家も例外ではなかったようで、衰退していく一族に焦りを感じた天元の父は天元ら姉弟に厳しい訓練を強いたのです。この頃のことを天元は「命は賭けて当然 全てのことはできて当然 矛盾や葛藤を抱える者は愚かな弱者」そんな環境だったと語っています。その中で9人にいた姉弟は15歳になるまでに7人死に、天元と共に生き残った弟は父と同じ無機質で冷酷な人間に育っていきました。価値観の違う弟の生き方に嫌気のさした天元は「あんな人間になりたくない」と忍びをやめ、鬼殺隊に入隊したようです。幼い頃に植え付けられた価値観を否定しながら戦いの場に身を置く天元でしたが、その辛さと苦しさを理解し肯定してくれた産屋敷耀哉に感謝と忠誠を誓っているようです。

宇髄天元と3人の嫁

宇髄家は一夫多妻制だったため、天元には15の時に決められた須磨、まきを、雛鶴という3人の妻がいます。天元は共に忍をやめ鬼殺隊として戦う彼女らを第一に考えており、忍として命を賭けることが当たり前という教育をされてきた彼女たちにも「自分の命のことだけを考えろ 任務遂行より命」と伝えていました。これは妻に対してだけでなく炭治郎たち若手の隊士にも同様で、唯我独尊タイプの天元ですが、実は命を第一に考える事のできる上官なのです。

今回は風柱・宇髄天元について紹介しました。
彼の過去と信念を持って戦う理由を知ると、少し自己中心的な性格も許せるかも知れませんね。