スマホゲーム「鬼滅の刃 血風剣戟ロワイアル」配信決定!

不死川実弥はどんな人?誰よりも鬼を憎む理由とは

その言動や風貌から粗暴な印象を受ける風柱・不死川実弥。初登場時に禰豆子に酷い仕打ちをしたことで苦手なイメージを持っている方も多いかも知れません。今回は乱暴なだけでない、不死川実弥の性格と悲しい過去についてまとめました。

不死川実弥のプロフィール

階級:風柱
誕生日:11月29日
年齢:21歳
身長:179cm
体重:75㎏
出身地:東京府 京橋區(現:中央区 京橋)
趣味: カブト虫の飼育
好きな食べ物:おはぎ
CV:関智一

風の呼吸を扱う剣士。風柱。
人一倍鬼を憎んでおり当初から禰豆子や炭治郎にも容赦がなかった。
本人は認めようとしないが弟は炭治郎と同期の不死川玄弥である。

風の呼吸と不死川実弥の能力

鬼に対して人一倍強い敵意を持つ鬼殺隊風柱の不死川実弥。大きく見開き血走った目や、体中にある無数の傷跡、そして血の気が多く暴力的な言動で周囲を威圧するため鬼殺隊士から恐れられています。炭治郎に「理性も知性もなさそう」と思われるほどの粗暴さを見せますが、鬼殺隊当主である産屋敷耀哉に対しては礼節をわきまえた態度と言葉遣いで接しており、その敬服ぶりと忠誠心の高さが覗えます。不死川実弥の使う「風の呼吸」は全集中の呼吸の中でも基本となる5つの流派の1つ。暴風のように荒々しい剣技から繰り出される斬撃が鋭い風を纏う超攻撃型の呼吸です。彼の戦闘能力もかなり高く、現柱の中では悲鳴嶼行冥に次ぐ実力の持ち主であることが炭治郎や上弦の壱の発言から予想されています。また実弥は「稀血」という鬼が好む特殊な血を持つ体質であり、稀血の中でも更に稀少な彼の血は鬼を酩酊させ、相手が強い鬼である程高い効果があるようです。

誰よりも鬼を憎む理由と弟との確執

不死川実弥の鬼を憎む気持ちは相当なもので、禰豆子と炭治郎の柱合裁判では「鬼が人のために戦えるなんてありえない」と禰豆子の入った箱に刀を突き刺しており、彼女らを認めて欲しいという産屋敷耀哉の意向を聞いた後でさえ、自らの腕を切りその血を以て禰豆子が人を襲う鬼である事を証明しようとしました。彼がここまで鬼を憎む理由は一体何なのでしょうか。それは過去に兄妹を鬼に殺された事にあります。7人兄妹の長男であった実弥は、人でなしの父が死んだ後、次男の玄弥と共に母と幼い弟妹たちを守ることを誓いました。しかしある夜、実弥の不在中に弟妹たちは謎の獣に襲われ、実弥と玄弥を除いて殺されてしまいます。実弥は必死で獣と戦い倒しますが、なんとその正体は彼らの母でした。母を手にかけてしまった事に打ちのめされ、必死で守った弟の玄弥に「人殺し」と罵倒された実弥は心を壊し、稀血を使いひとり闇雲に鬼を倒していた所を鬼殺隊に拾われます。柱になった実弥は鬼殺の剣士になった玄弥に冷たく当たるどころか「俺に弟なんていない」と遠ざけようとし、鬼を喰らって戦っていると知ったときには目潰しで再起不能にして隊を辞めさせようとした程です。しかし、これは弟に鬼と関わらずに生きて欲しいという実弥の想いからの行動でした。最終決戦では玄弥に深手を負わせた上弦の壱に対して「許せねェ、許せねェ、許せねェェ!!」と激昂して立ち向かっており、弟への愛情の深さを見せています。

いかがでしたか?
不死川実弥が鬼を憎む理由や、唯一の家族となってしまった弟・玄弥への想いを知ると、彼へのイメージは変わりそうですね。鬼に対して強い憎しみを持つ実弥が今後どう活躍していくのか、とても楽しみですね。